賑わいのある地域で物件を探す|不動産で豊富な種類をご紹介

  1. ホーム
  2. 交渉をするタイミング

交渉をするタイミング

レディー

立場で異なる点に注意

原則として仲介手数料を請求している業者を利用して仲介を行ってもらったときには仲介手数料無料にするための交渉を行う必要があります。仲介を依頼して物件を紹介してもらったり、買主や借主を探してもらったりしたときには最終的な精算時には全額を支払わなければならないでしょう。業者に相談して紹介を受け、契約を結ぶという一連の流れの中で仲介手数料無料の交渉するタイミングは立場によって異なります。借主や買主の場合には、物件の紹介を受けた時点から交渉を開始するのが重要です。いくつかの物件を紹介してもらって、家賃が高いから厳しい、初期費用が高くて払えないという主張を繰り返して最終的に仲介手数料無料を提案するという流れが効果的でしょう。そこで妥協しなければ契約が成立しないと判断してもらえる可能性があるからです。予め家賃交渉も先に行っておくと妥協してくれる可能性が高まります。一方、貸主や売主の場合には最初から提案をしておくことが大切です。理由があってお金が必要という状況であることを最初に説明して、仲介手数料無料でなければ仲介を依頼できないと主張すると検討してもらえます。業者としては貸したり売ったりする契約を取り付けられる候補物件が多いほど有利であり、契約を他の業者に奪われてしまうよりは良いと考えることができるでしょう。後から仲介手数料についての交渉をするのに比べて納得の上で取引ができるようになってトラブルが起こりにくいというメリットがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加